jux

ウキウキdaysの詳細です

人魚の模倣(の模倣)

f:id:juxtaposeto:20210425062917p:plain

我が家が履修しているプリキュアシリーズは『スマイルプリキュア』『まほうつかいプリキュア』『トロピカルージュプリキュア』の三つ。

私は今まで、「息子はプリキュアは全て一緒のものだと認識しているのだろうな」と思っていた。何故なら私はKidsの時分、セーラームーンとセーラームーンRの違いが分からなかったし、アニメのストーリー性とかキャラクターの可愛さとかを考えたことが一度もなかったから。

が、昨日息子と喋っていたら、息子は「スマイルプリキュア」「ぼうしのプリキュア」「にんぎょのプリキュア」の3種類を把握しており、今のところスマイルプリキュアが一番いいと思っているということが判明した。

細やかで優しいおしゃれボーイ。お前がプリキュアだったのか。

 

昨日は、自分から「髪の毛を結んでくれ」と言い出し、結んであげたら、「にんぎょのプリキュアのやつ!!!!」と喜んでいた。お前がプリキュアだったのか。

トロピカルージュプリキュアのキュアサマーは髪を結んでいるのが目立つキャラクターデザインだからかな。

www.toei-anim.co.jp

息子、親が楽しんで観てるからプリキュア好きなのかな・・・と思っていたけど、日プは完全に飽きているので、プリキュアというコンテンツそのものが好きなんだろうな。

変身シーンが一番好きで、お風呂から上がって服を着替えるときも絶対に「変身」のていで着替えないとスーンとしている。

 

*

 

昨日は新幹線が観たかったので、新幹線を見られる駅まで出かけていった。実は親もこれまで東海道新幹線ぐらいしか見たことがなかったのだが、それ以外の新幹線を観られて大興奮。

息子は新幹線がス〜とホームにやってきた瞬間、マジで悲鳴をあげてから、でっけえ声でアア〜〜〜〜・・・と言っていた。オタクが産んだオタクの子だぜ、と誇らしく思う母。

新幹線同士の連結もみた。正直なところ激アツだった。

ホームには新幹線大好きキッズがたくさん来ており、みんな大興奮だった。

 

なんだかこの空間不思議に居心地が良すぎる、と思ったのだが、多分、登場人物が全員オタクだったからだと思う。

 

そのあとまた電車に乗って、鉄道関連のなんか博物館みたいなやつに行く。息子はまたテンションをブチあげていた。

博物館には電車大好きキッズがたくさんいて、「これは常磐線だネエ・・・これは○○線だネエ・・・」とひたすら電車の路線図とか電車の名前とかを呟いていた。

2歳ぐらいの男の子がMAXときの模型みたいなのを見て「マックシュトキ・・・」と言いながら恍惚の表情を浮かべていた。

 

最高の空間だった。

 

*

 

帰り、日本に帰ってきてから初めてのサイゼリヤに行った。サイゼリヤ、200円とかでむちゃくちゃ美味しいサラダが食べられるので、素朴になんで? と思った。

カナダに、パスタを2ドルとかで提供する店があったら、「この店は料理の価格は書かず、料理あたりのチップの値段を書く独特のstyleなのかな・・・」と不安に思う気がする。料理が2ドルって何? フレンチフライだけ頼んでももうちょっとしない?

 

前回パスタ屋さんに行った時も思ったけど、日本ってパスタ美味しくない? ていうか何するにしても大概美味しい。

この間ポポラマーマに行ったときは、「カナダにポポラマーマがあって、何も知らずに食べたら、"イタリア人ってさすがだなあ〜"と感心してしまうでしょうね」と思った。

popolamama.com

 

日本人だから日本っぽい味付けを美味しいと感じるだけなのかな。でもなんか外食屋さんの数とかすごいし・・・。弁当文化とかも強いし・・・。

 

サイゼにはスイーツワインがあったので、久しぶりに飲酒。美味しかった。酒は度数の強いワインをちびちび飲むのが一番いい、何故なら飲みながらお上品な気持ちになってきて、変な絡み酒をせずにすむから・・・。

レモンサワーとかのほうが味は好きなんだけど、レモンサワーを飲むと「よっしゃ〜! おかわりくださ〜〜い!! きょうはカラオケオールすんぞ〜〜〜!!」みたいな気分になってしまう。これはこれで楽しいが。

 

*

 

帰宅後、夫は前から予定していた読書会が開催されていたので、私が息子をワンオペで風呂に入れて就寝。

最近の寝る前の絵本はもっぱら『まくらのせんにん そこのあなたの巻』。

www.ehonnavi.net

作者のかがくいひろしさんは、全幼児が愛していることで有名な『だるまさんが』シリーズの作者。まくらのせんにんはノリが漫画っぽいっていうか、コロコロコミックのギャグっぽいっていうか、まあとにかく3歳児がすごく好きな感じなんだ。

www.ehonnavi.net

 

まくらのせんにんは、契約している絵本のサブスクで手に入れた。勘亭流のフォントが表紙に使われた絵本なんて自分では買わないだろうな。絵本のサブスクは本当に助かる。

www.morisawa.co.jp

 

絵本は、図書館して、サブスクを二つして、Amazonのおすすめ絵本を買って、絵本会社のブログみたいなののメルマガを購読して、定期的に気になった絵本を買っている。

読んでるのはこの二つだな。あとは絵本ナビ。

www.penguinrandomhouse.com

www.readbrightly.com

日本の絵本の情報も集めたいけど、なんかいいメルマガないのかな。絵本オタクたちが世界各国の絵本情報を発信する、激アツメルマガみたいなのが欲しい・・・。ブログでもいい・・・。とにかくオタクの発信する情報が見たい・・・。もう『ノラネコぐんだん』の話は分かったから・・・。