jux

毎日たのしいアラサーによる、読んだ本と日記と雑感。ほぼ毎日更新。

黄泉平坂ごっこ

f:id:juxtaposeto:20210504071636p:plain

しょうもねえことを書いていたら日記を書く時間がなくなってしまった。30歳なんてみんななるんだからそんな怯えなくてもいいのにね。

 

書いているときにふと気になって調べたのだけど、エヴァのミサトさんは29歳なんだって。知ってた?

でも、そこにショックを受ける前に「じゃあそれってもう実質、観音坂独歩じゃん!!!」と思うことができたので、オタクをやっていてよかったネエ・・・。

hypnosismic.com

しかしそもそも、オタクをやっていなければミサトさんの年齢に思いを馳せることもなかったのではないかという指摘もあるにはあるね。

 

*

 

昨日も息子と一緒に近所を散歩。コンビニで花火が売っていたので嬉しくなってしまい、購入。行き当たりばったりの人生である。

家に帰って花火キメてぶち上がLit(Awich)しようとしていたところ、息子が「バスに乗りたい」と言い出し、バス停から一歩も動かなくなったので、バスに乗ることにした。

 

えっ、ぶち上がLitの元ネタが分からず適当に流してしまったの? AwichのNEBUTAめっちゃいいから聴いてよ。「ぶち上がLit」が意味分かんなくて毎回笑っちゃうんだ。

www.youtube.com

 

バスを待つ間、息子は嬉しすぎてずっと「ホーレレ ホーレレスーの歌」を作詞作曲して歌っていた。可愛いねえ。可愛いから聴いてください。

バスに乗ったはいいが、どこに向かうバスなのかよく分からず(よく知らない謎の循環バスだった)、15分ほど乗ったところで帰れなくなったらどうしようと怖くなって降りる。ちょうど息子がいたずらに降車ボタンを押していたので助かった(が、降車ボタンをいたずらに押さないでほしい)。

 

息子が尿意を訴えるも、付近には中華料理屋さんしかない。この近辺に住んでいる人も、付近に中華料理屋さんしかないLIFEは結構困るのでは・・・と不安になるが、よく見ると人家は全然ないようだった。車だけがビュンビュンすごい速さで通り過ぎていく。

 

お昼ご飯もまだだったため、ひとまず中華料理屋さんに入った。店に入ったタイミングと、席を探すタイミング、オーダーをするタイミングで3回も「何名様ですか?」と聞かれた。これは3回とも同じ回答をすることによって何か・・・黄泉が平坂してしまうやつではないのか・・・と不安になるが、ここは中華料理屋さんなのだから日本の伝統は関係がないだろう、と思い直す(根拠なし)。

メニューに「オススメ」と書いてあった刀削麺を食べる。刀削麺は、ちぢれたほうとうみたいなやつなんだけど、説明が難しい・・・。美味しかった。

 

中華料理屋を出た後、バスの時刻表を見たところ、2時間後でないと元の場所に帰れないようだったので、最寄りの駅まで歩くことにした。途中でちょっとだけ雨に降られる。

辿り着いた駅名でグーグル検索をしたところ、「○○駅 何もない」という検索候補が出てくる。不安に思ったが、コンビニはあったので良かった。何もないっていうのはもっとこう、Dorvalみたいな感じっていうかさ・・・と、カナダ帰りのヘラヘラした日本人ムーブをキメる。

 

電車に乗って自宅の最寄り駅へ。14時ごろだったのだが、なぜだか心底疲れたのでさっさと帰宅することに。息子も疲れていたようで、ぐずりまくっていた。

 

家に帰って、プリキュアの映画を観たり、ちょっと昼寝したりしているうちに夕方。

 

6時半ごろにちょっとだけ縁側で花火をした。3本。

息子は花火を初めてみた。どうだ感動するだろう、と思ったのだが、「燃えているヨォ!!!」「アチチだヨォ!!!」「葉っぱが可哀想よォ!!!」「花火のもくもくが、おうちに入ってくるーー!!」と叫んでいた。

 

夜、息子と一緒にお風呂に入りながら、息子とお喋り。

「ゆびを吸うと、指に小さいゆびたこが出来て、大きいゆびたこを探して鳴く。家の外にいるゆびたこは、小さいゆびたこをいつも探しているから、家の中に入ってくる。そのとき階段と窓がすごく大きい音でガタガタと鳴る」という話をする。

 

息子はビビったようで、夜は指を吸わずに就寝。私は3歳児をビビらせる才能がある(不要な才能)。本当はこんな脅迫みたいなことをしちゃならんと思うんですけれどもねえ・・・。