jux

ウキウキdaysの詳細です

確かにあなたを殴ったが

f:id:juxtaposeto:20210910100609p:plain

今日ね!!! 日記じゃないの!!!! ちょっと最近、メンタルがイルでワックだから許して!!!

 

文章の参考になるかと思って、「夫婦関係の悩み」というLINEのオープンチャット(そういうのがあんのよ)に入室してみた。

 

へえ、と思うほど、なんていうのか・・・人に優しく自分に厳しいタイプの「アドバイス」が並んでおり、結構驚く。たとえば。

 

「男の人は、いつでも面白くて楽しくて、仕事で嫌なことがあってもホッとできて、”あなたならできる! すごい!”と応援してくれる環境に身を置きたくなるもの。そういう家庭を妻が作れていなかった場合、夫は、不倫をするかどうか迷っているときに、やめよう! と思えない。そういう環境を作らないことは、不倫する夫の背中を押してしまったとすら言える」

 

みたいな。

 

私のこの理論に則って、気に入らない人間をバンバン殴り、「私をいつも楽しい気持ちにさせてくれなかった環境が悪いということ!」と訴えたい。

 

というか、夫婦関係は破れ鍋に綴じ蓋なので、「いつでも面白くて楽しくて、云々な環境」を作れるような人格者の妻と、

そのような環境を誰かにお膳立てしてもらわなければ違法行為に手を染めてしまう程度の倫理観しか持ち合わせていない夫では、

人間性のレベルが釣り合うはずがないので、早晩破綻するのではないか・・・。

 

クソみたいな人間性の夫と長くやっていきたいなら、自分も夫と同じレベルになったほうが良い。同じように躊躇なく不倫するべきだし、どんどん殴るべき。なぜ「夫ととても釣り合わないレベルの人格者になる」みたいな、どう見ても破綻する方向性で行動してしまうのか。

 

争いは!!! 同じレベルの者同士でしか発生しない!!! つまり!!! 争い続けたい場合は!!! 同じレベルの者同士にならなければいけない!!!!!

 

***

 

「相手を変えたいならまず自分から」みたいな言葉、マジのTRUEで、本当にそれなでしかないんだけど、しかし、なんか、そう考えると、いつでも譲歩するのは自分なんだな、相手はやりたい放題の上、私のサポートありきで明るい未来に向かっていくんだな、とか思うと、まあ〜心がささくれだつわね。そう思いませんか。私の性格がめっちゃめちゃ悪いだけ? そんな・・・。

 

***

 

不倫について。

しかし・・・。

実際まあ、よく考えてみると、なぜ法律婚をすると、その相手としかセックスをしてはならない、ということに、法律で決まってしまうのか、というのは、よく分からないよね。

セックスを誰とするかって、きわめて個人的なことで、それを法律で「あなたはこの人としかセックスをしてはならない」と命令されているのって、なんか変なような気はする。

(これは不倫を擁護するわけではなく、なんていうのか・・・。その一個上にある、枠組みみたいなものが、変だなと思っているというかなんですけど・・・)

 

実際、結婚相手が誰か別の人とセックスしてるといやだ! っていうのは、感情じゃん。感情の話を法律で決めるのか? っていうか・・・。伴侶が他者とセックスしていて、ムカつく人もいればムカつかない人もいると思うんだけど・・・。

なんか、伴侶じゃない人とのセックスは違法! ってなってると、「人類は皆、伴侶が自分以外の人間とセックスしていたらムカつくに違いない」と言われている気がするというか・・・。

 

意味分かる・・・?

 

伴侶が性的対象になるかなんて、個人で勝手に考えてればいいことのような気がするわ、ということなの。

 

なんか、殴られるとか殺されるのとかは、概ね誰でも「嫌なこと」と感じるに違いないから、違法! ってなってるの分かるんだけど・・・。

あ、だから民法なのかな。法律難し〜。

 

***

 

なんだか友人とひたすら、ダラダラとお喋りをしたい気分。でも、コロナなので、しばらくは無理か・・・。はやくお友達がみんなワクチン打ってくれないかなあ。

 

***

 

きょうの日記。息子を幼稚園に車で送迎しているとき、息子が小さな声で何かを言っているので、信号待ちのとき、エアコンを切って、耳をすまして聞いてみたら、「ママ だいすき・・・」と言っていた。

「ママって誰・・・?」と恐る恐る聞いてみたところ、私のことらしい。え〜。

息子、いい子すぎるので、やはり私は何か無意識のうちに息子を強い恐怖で支配しているのかもしれない。幼稚園の先生にも「お母さんと一緒にいるとき、(息子)ちゃん、めちゃくちゃいい子ですね!」と言われた。

ううっ、辛い。なんで息子は私の言うことを聞くんだろう、怖いのか、私が、まあ確かに怖いが・・・うう・・・。